健康管理センター

健康経営への取組み

健康経営への取組み

社員が「いきいきと、長く、働けるように」健康維持増進を推進しています

 社員の心身の健康を維持増進し、仕事に活力を持てる環境を整えることは、企業の責務です。
そこで当社は、これまでも法定の健康診断等のほか、メンタルヘルス不調や生活習慣病の予防等に重点を置いた仕組みを整えてきました。これからも、社員がいきいきと長く働くための仕組みづくり、社員と職場の自発的な健康増進のための支援策を整えるとともに、客観的データに基づく検証・改善を重ねていきます。

健康づくり指針

 当社は2018年4月に、『健康づくり指針~いきいきと、長く、働けるように~』を制定し、これに基づいて人事部と健康管理センターが積極的に社員に健康増進に取り組んでいます。

  • 1. 会社は、社員がいきいきと働くための仕組みを整えます。
  • 2. 社員は、自ら健康増進に努めましょう。会社はそれを支援します。
  • 3. 私たちは、職場や社員の状況を把握できる客観的なデータに基づき、これらの取組みの効果を検証し、さらなる健康づくりを進めます。

 社員一人ひとりが「いきいきと、長く、働く」ことは、会社・社員の双方にとって大切なことです。年齢を重ねても力強く仕事に邁進できるよう、心身の健康増進が欠かせません。

 日々の生活習慣を整えることに関心を払わなければ、不健康な行動の積み重ねを招き、生活習慣病へと繋がって、重症化すると心身の不調をきたす恐れがあります。

 そこで、私たちが自身の健康課題に向き合い、職場全体で健康増進をさらに進めていくための指針として「健康づくり指針」を制定しました。

 社員一人ひとりが健康への意識を高め、飲酒・喫煙・運動不足をはじめとした生活習慣の自己点検や、定期健康診断・ストレスチェック結果等のデータを活用したセルフケアに取り組むこと、また職場でも、身近な改善を積み重ね、心身ともに健康に働ける環境を整備することで、社員がその持てる力を最大限発揮できます。経営理念が示す「日本の大動脈と社会基盤の発展に貢献する」という使命を担うのは、一人ひとりの社員にほかなりません。


「記念座談会 病院100周年・健康管理センター15周年」
~定年まで活き活きと能力を発揮して働くために、健康増進の取組みを支援~

(出席者)
代表取締役社長 金子 慎、執行役員人事部長 萩原 健二、
名古屋セントラル病院 院長 中尾 昭公、健康管理センター所長 遠田 和彦

病院の100年、センターの15年を振り返って

金子社長

金子:

名古屋セントラル病院が開院100周年、健康管理センターが開設15周年と大きな節目の年を迎えました。これまでを振り返って印象的な出来事をお聞かせください。

中尾院長

中尾:

2006年に現在の地に新築移転したことは当院の歴史からみても大きな出来事でした。1919年に「名古屋鉄道治療所」として名古屋市西区に開院した当初は、“国鉄職員のための病院”という位置づけでしたが、1982年からは一般の患者さまの診療も受け付けるようになりました。国鉄分割民営化により再出発した後は、1989年の「JR東海総合病院」への改称を経て、現在の形となっています。
おかげさまで今年100周年を迎え、記念行事として5月にさわやかウォーキングのコースに組み込んでいただき、当日参加された2,200名を超える方々に、当院の最先端医療の一部を体験していただきました。

金子:

2006年の新築移転の際、地域の方々に親しまれ、かつ近代的な印象を持ってもらいたいとの願いから、「名古屋セントラル病院」と名付けましたが、まさにそれが実現しつつありますね。
健康管理センターはいかがでしょうか。

遠田所長

遠田:

この15年間では、他社の鉄道事故の影響などで、健康管理が事故防止の支えになることが改めて認識され、業務範囲が大きく広がりました。もともと当センターでは、社員にとって何が必要かということを考えながら活動し、その経験に基づいて生活習慣病対策やメンタルヘルス不調者対策などを独自の形で先進的に取り組んできたため、国の施策として特定保健指導やストレスチェックなどが次々義務化された際は、法改正に合わせてアレンジするだけで済みました。国が決めたから従うということではなく、自分たちが必要と考えた対策を独自に展開していくことの強みを感じました。

金子:

当社では人材こそが最大の経営資源と考えています。鉄道の安全を守るのは、それを動かしている社員の皆さんです。
これまでは、会社は法定の安全衛生に取り組み、健康管理は自分で行うという考え方が一般的でした。その中でも当社は、生活習慣病やメンタルヘルス不調などを発症した社員または発症の恐れのある社員に対し、手厚い支援制度を整えてきました。これからは、社員がそのような状態になることを未然に防止することも目指します。そのためには、社員一人ひとりが健康への意識を高めることはもちろん、会社としても健康増進の取組みを支援することが大切だと考えています。

注力している新しい取組み

金子:

最近では「みんなで歩活」や「JR東海フィジカルチャレンジ」等の新しい取組みもありますね。

萩原部長

萩原:

当社の社員は、概ね良い健康状態ですが、喫煙・過度の飲酒・運動不足など、生活習慣病やメンタルヘルス不調につながる恐れがある行動を取る社員が比較的多いということがわかっています。
そこで、昨年度「健康づくり指針」を制定し、社員が活き活きと働くための仕組みづくりと社員・職場の自発的な健康増進の取組みへの支援を行い、その取組みを客観的なデータに基づいて検証・改善していくことを宣言しました。
これに基づき、心身不調との相関性が高い健康関連指標のうち、「運動習慣」と「喫煙率」の二つに絞って行動変革を促していくこととしています。
一つ目の「運動習慣」については、高血圧症や糖尿病の予防に効果的とされる、1日平均8,000歩以上を半数以上の社員が達成することを目指します。この春の「みんなで歩活」には約半数の社員が参加し、そのうち4割が1日平均8,000歩以上を達成しました。また、この秋から新たに「JR東海フィジカルチャレンジ」を開催しています。体力測定や職場対抗の玉入れ、ご家族向けプログラム等を実施し、多くの社員・ご家族の皆さんにご参加いただいています。これらのイベントへの参加を通じ、運動の習慣化に楽しく取り組んでもらいたいと思います。
また、「喫煙率」については、職場の喫煙者数を4分の1減らすことを目標とします。会社としても「禁煙相談窓口」を設置するなど、喫煙者の減少に努めていますので、一人でも多くの方に「禁煙」を実現していただきたいです。

金子:

これは健康管理センターと一緒に進めている取組みになりますね。

遠田:

これまで、生活習慣病予防とメンタルヘルスという二本柱を中心に様々な産業保健活動を展開してきましたが、生活習慣病予防の点では喫煙対策に、メンタルヘルス面では早期発見よりも発生予防のための職場の活力向上を目指した支援に、これまで以上に力を入れています。また、健康管理センターのホームページを開設し、当社が健康管理に力を入れている企業であることが社外からもわかるようにしました。このほか、産業医学系の学会や研修会への積極的参加を通じて、スタッフのレベルアップを図り、社員から信頼されるセンター作りを心掛けています。

金子:

予防という面では、名古屋セントラル病院でも、予防医療への取組みを行っていますね。

中尾:

当院は地域の中核病院として、診断から治療までをシームレスに行い、先進的・専門的・良質かつ効率的な急性期医療を提供しています。予防医療への関心が高まる中、開院当初から「PET/CT装置」を活用した検査や人間ドックを行っています。小さながんでも早期に発見でき、その後は各専門科で迅速に治療を行うことができます。難治と言われる膵がんは私が先頭に立って執刀しますし、消化器の内視鏡検査・治療も体への負担が少ないため、安心して受診いただけます。また、レーザ療法による前立腺肥大症治療の症例数も日本有数の実績を誇っています。当院の強みを活かしながら、より多くの患者さまに先進医療を提供するのが使命だと考えています。

未来に向けた想い

金子:

名古屋セントラル病院、健康管理センターそれぞれの今後の展望と、社員へのメッセージをお願いします。

中尾:

中央新幹線開業を控え、より一層活性化する名古屋の中核病院として、他の地域からも当院を頼って来られる患者さまのニーズに応えられる病院でありたいと考えています。手術については麻酔科の専門医を招聘し、全7室の手術室を活用することで、患者様の待機時間の短縮を図っています。人材と先進機器の両輪で病院の力を最大限発揮し、病院理念である「安全で質が高く、快適でまごころのこもった患者本位の医療」を追求していきます。
また、今は一般の患者さまの診療も行っていますが、日々お客さまの安全を守る鉄道社員の健康を守ることも開院当初からの変わらない重要な使命です。例えば、人間ドックは社員やそのご家族を対象に割引価格でご提供しています。社員の皆さんには、まずは自らの健康の維持・増進の意識を大切にしていただくとともに、気がかりなことがある際は、眼科・耳鼻いんこう科等様々な診療も行っていますので、ぜひお気軽に当院へお越しください。

遠田:

当センターと社員のみなさんとの接点は、基本的には健康診断の場がメインとなりますが、健康診断は当センターの役割のうち、ごく一部に過ぎません。年間の健康相談実績は、延べ約1万8千件あります。困った時に気軽に健康管理上の相談に応じることができる社内機関として、東京、静岡、名古屋、新大阪、それぞれの地域の健康管理室の機能強化やスタッフの更なるレベルアップに取り組みたいと思います。
元気に毎日働いていると、健康が当たり前ということで、意識すらしなくなってしまいますが、健康の大切さは失って初めて痛感するのです。軽い異常所見が長期に及ぶことで重大な疾患につながりやすくなります。しかし日ごろ、自らの健康を意識することで変化にも気づきやすくなり発症予防、早期対処ができます。普段から健康情報に興味を持ち、元気な時こそ自分の健康を意識しましょう。

金子:

定年延長を見据えて、業務経験の豊富な社員が蓄積した技術や経験を活かし、定年まで活き活きと能力を発揮して働くために、会社としてこれまで以上に社員の健康増進の取組みを支援していきたいと思います。
そのためには、人事部門、医療部門、産業保健部門の各部門が連携し、それぞれの役割を確実に果たしてほしいと思います。

主な業務内容はこちら