第2回 グリーンボンド

発行概要

名称
東海旅客鉄道株式会社第86回無担保普通社債(グリーンボンド)
社債の総額
100億円
年限
35年
利率
1.243%
払込金額
各社債の金額100円につき100円
払込期日
2022年5月27日
償還期限
2057年5月25日

グリーンボンド・フレームワーク(2022年1月)

当社は、国際資本市場協会(ICMA)が定めるグリーンボンド原則2021並びに環境省のグリーンボンドガイドライン(2020年版)に基づき、以下のグリーンボンド・フレームワークを策定しました。

外部評価(セカンドオピニオン)(2022年1月)

当社が策定したフレームワークについて、株式会社格付投資情報センター(R&I)より、グリーンボンド原則2021等との適合性に対する外部評価(セカンドオピニオン)を取得しました。

資金使途概要

本グリーンボンドにて調達した資金は、地球環境保全に資する新幹線車両更新としてN700Sへの更新投資に充当します。
N700Sは、これまで積み上げてきた技術開発の成果を取り入れ、安全性・安定性の向上、異常時対応力の強化、快適性・利便性の向上、様々な編成長を容易に構成できる「標準車両」等の特長を有しています。環境性能においても、SiC素子駆動システムの採用、車両の軽量化、走行抵抗の低減等により、電力消費量をN700Aタイプからさらに6%削減しています。
詳しくは下記のプレスリリースをご覧ください。
なお、投入計画について、下記の2019.1.25付プレスでは2020年度~2022年度で合計40編成投入するものとして記載していますが、その後、新型コロナウイルス感染症による厳しい経営環境を踏まえ設備投資を抑制しており、2020年度~2023年度で合計40編成投入する計画に変更しています。