サービスのさらなる充実

「のぞみ12本ダイヤ」の実現による
大幅なサービスの向上

1987年の会社発足時、東海道新幹線は最高速度220km/hで運転していましたが、東海道新幹線の輸送サービスを充実させるべく、1992年に300系「のぞみ」による最高速度270km/h運転を実現し、2003年には品川駅の開業と全列車の最高速度270km/h化により、「のぞみ」中心のダイヤにシフトしました。その後もダイヤのブラッシュアップに継続的に取り組み、お客様のニーズにお応えしてきました。
また、2015年には、23年ぶりに東海道新幹線の速度向上を実現し、最高時速285km/hとしています。
2020年春に700系車両が引退し、N700Aタイプ※への車種統一に伴う全列車の最高速度285km/h化とともに、設備の改良等を実施することにより、2020年3月のダイヤ改正では「のぞみ12本ダイヤ」を実現しました。
「のぞみ12本ダイヤ」により、「のぞみ」の1時間あたりの片道最大運転本数をこれまでの10本から2本増加し、12本とすることで、お客様のご利用が多い時間帯に「のぞみ」を平均で5分に1本間隔で運転できるようになりました。
また、「のぞみ12本ダイヤ」では、全ての「のぞみ」が東京、新大阪間を2時間30分以内で結びます 図1 。
この「のぞみ12本ダイヤ」により、ご利用の多い時間帯に「のぞみ」を増発します。お客様に、ご自身の都合に合わせて列車をネット予約によりご予約いただき、速達化された「のぞみ」をご利用いただくことで、目的地までの移動時間を短縮することができます。これにより、東海道新幹線をより一層便利にご利用いただけるようになっています。

  • N700Aに採用した主な機能を改造により反映したN700系と、N700Aの総称。

東海道新幹線の運転本数と輸送量の推移

  • 注1. 臨時列車を含む運転本数の実数
  • 注2. 利用状況は断面輸送量について1987 年度を100とした場合の指数
  • 注3. 途中停車駅 のぞみ:品川、新横浜、名古屋、京都
    ひかり:「のぞみ」停車駅とそれ以外の一部の駅 こだま:各駅
  • 注4. 端数処理により、のぞみ・ひかり・こだまの合計が合計と一致しない場合があります。

図1 「のぞみ」の所要時間(東京~新大阪間)

新型新幹線車両N700Sの投入

N700S

新型新幹線車両「N700S」は、これまで積み上げてきた技術開発の成果を取り入れ、安全性・安定性の向上、異常時対応力の強化、快適性・利便性の向上、様々な編成長を容易に構成できる「標準車両」等の特徴を有しています。
これまでのN700S確認試験車による走行試験結果を踏まえ、2020年度からN700Aタイプの置き換えとして投入する量産車の仕様及び投入計画 を以下のように決定し、2020年7月より営業運転を開始しました。

投入計画

N700Sの主な特徴

安全性・安定性の向上

  • 地震時のブレーキ距離短縮(図2)
  • 着雪防止対策の強化
  • 状態監視機能の強化

異常時対応力の強化

  • バッテリ自走システムの搭載(図4)
  • 防犯カメラの増設
  • 通話装置の機能強化
  • 停電時におけるトイレ機能の確保

快適性・利便性の向上

  • フルアクティブ制振制御装置の搭載
  • モバイル用コンセントの増設

ランニングコストの低減

  • 消費電力量の削減(図3)
  • 検修作業の省力化

図2
地震時のブレーキ距離短縮(285km/hから)

ATCとブレーキシステムを改良し、地震時のブレーキ距離をN700Aタイプから5%短縮します。

図3
消費電力量の削減

走行抵抗を低減した先頭形状(デュアル スプリーム ウィング形)の採用や次世代半導体「SiC素子」の駆動システムへの採用により、消費電力をN700Aタイプから6%削減します。

図4 バッテリ自走システムの搭載

バッテリ自走システムを高速鉄道で初めて搭載し、自然災害等による長時間停電時においてもトンネルや橋りょう等を避けてお客様の避難が容易な場所まで自力走行が可能となります。

在来線 次期特急車両HC85系の開発

次期特急車両HC85系
(試験走行車)

特急「ひだ」「南紀」に使用している気動車の取替を見据え、当社では初となるハイブリッド方式を採用した次期特急車両「HC85系」の開発を進めています。安全性や快適性を高めつつ、ハイブリッド方式の鉄道車両では国内初の最高速度120km/hでの営業運転を目指しており、量産車は2022年度を目標に投入する方向で検討を進めています。
ハイブリッド方式とは、エンジンで発電した電力とブレーキ時等に蓄電池に貯めた電力を組み合わせて使用し、モーターを回して走行する方式です。この方式の採用により、気動車特有の回転部品が不要となり、安全性・信頼性がさらに向上します。また、快適性の面では、気動車特有のギアチェンジがなくなることやエンジン数の削減等により、静粛性や乗り心地の向上を図ります。
また、ハイブリッド方式に加え、一体成型による新型台車枠、振動検知装置、そして車両・地上間のデータ通信といった安全性をより一層高めるための技術も新たに導入します。

ネット予約&チケットレス乗車サービスの拡大

当社は、東海道新幹線をより便利にご利用いただけるように、ネット予約&チケットレス乗車サービスである(「EXサービス」「エクスプレス予約」「スマートEX」)の利用拡大に取り組んでいます。
ビジネス等で頻繁に新幹線をご利用されるお客様向けには、一年中おトクな会員価格でご利用いただける「エクスプレス予約」を提供しています。当サービスの会員は、スマートフォン等でご希望の座席を予約すれば、専用のICカードを自動改札機にタッチするだけで新幹線にご乗車いただけることから、駅のきっぷうりばに立ち寄る必要がなくトータルの移動時間を大幅に短縮できる上、ご利用に応じて貯まるポイントでグリーン車を普通車指定席のおねだんでご利用いただける「グリーンプログラム」も用意しています(一部の会員には適用されません)。また、予約は、発車前であれば何度でも手数料なしで変更できるため、急なスケジュール変更があっても安心してご利用いただけます。
また、帰省や観光目的の方、訪日外国人の方等、普段あまり新幹線をご利用にならないお客様にもネット予約&チケットレス乗車サービスをご利用いただけるよう、年会費無料の「スマートEX」も提供しています。当サービスは、お持ちのクレジットカードと全国相互利用対象の交通系ICカードを、スマートフォン等から登録していただくだけで、すぐにご利用いただけます。これにより、より多くの方に便利に新幹線をご利用いただけるようになりました。
現在、両サービスを合わせた指定席に占めるネット予約の割合は全体の4割を超えています。

ネット予約サービスの
実績の推移

「スマートEX」利用
イメージ

EXサービスのさらなる拡充

1訪日外国人向けQRコードによるチケットレス乗車サービス

QRコードによる
チケットレス乗車サービス

交通系ICカードをお持ちでない訪日外国人のお客様にもチケットレス乗車サービスをご利用いただけるよう、「QRコード」※によるチケットレス乗車サービス開始に向けた準備を進めています。スマートフォン等に表示したQRコードを改札機にタッチすることで、チケットレスでご乗車いただくことができます。

  • 「QRコード」は(株)デンソーウェーブの登録商標です。

2複数人でのご旅行の際のチケットレス乗車サービス

現在、EXサービスでは、ご家族でのご旅行等、予約人数が複数名となる場合、あらかじめきっぷを受け取ってご乗車いただいていますが、2021年春以降は、予約後に同行者の交通系ICカードを登録していただくことにより、同行者も含め交通系ICカードによるチケットレス乗車が可能となります。

3遅延が発生した列車の指定席予約・変更
サービス

所定の発車時刻を過ぎた列車が乗車駅を出発していない場合、EXサービスを使って、その列車の指定席の新規予約や、他の列車の指定席からの変更ができるようになります。合わせて、「EXアプリ」で予約した列車が概ね10分以上遅れると見込まれる際に、乗車駅の所定発車時刻の概ね1時間前に、プッシュ通知でお知らせするサービスも開始します。

さらに、2022年春を目標に、EXサービスの九州新幹線(博多~鹿児島中央間)へのサービスエリア延伸を行います。
これらの取組みを通じて、EXサービスの利便性をさらに高め、「東海道新幹線の乗車はネット予約及びチケットレス乗車が当たり前」という機運を醸成するとともに、中央新幹線開業に向けて、より便利で効率的な販売体制を構築していきます。

観光需要喚起のための取組み

観光キャンペーン等の展開

当社エリアの恒久的な観光資源である京都・奈良等については「そうだ 京都、行こう。」キャンペーン等により、主に首都圏から関西圏への新幹線のご利用を促進しています。中でも、京都キャンペーンについては、京都の持つ日本の美と、その奥深さを再認識していただくことをコンセプトに宣伝を展開しています。
また関西圏、中京圏から東京への新幹線のご利用を促進する「トーキョーブックマーク」では、ウェブサイトにて東京の観光情報や旅行商品等を紹介しています。
2020年7月より「ひさびさ旅は、新幹線! ~旅は、ずらすと、面白い~」キャンペーンを展開し、時間、場所、旅先での移動手段、行動等を「定番」から“ずらす"新しい旅を提案しています。
その他にも、静岡、愛知、飛騨、伊勢志摩等を対象に魅力ある商品設定に取り組んでいます。

「EXサービス」ご利用者向け観光型商品の強化

EXサービスをご利用のお客様に向けて、観光目的等、早めに予定が決まるときに新幹線を大変おトクにご利用いただける観光型商品を拡充しています。
例えば、「EXのぞみファミリー早特」等、利用可能な日程・席数・区間・時間帯が限定されるものの、ご家族やご友人とも一緒におトクに新幹線をご利用いただける様々なタイプの商品を展開しています。また、ご利用者が旅先で役立つ便利な特典も充実させることで、幅広く需要喚起を図っています。

50歳からの旅クラブ「50+」(フィフティ・プラス)

高齢化が進む日本では、他の年代に比べ時間・経済面でのゆとりを持つと言われるシニア層が増加しています。当社ではそこからさらに対象を広げ、50歳以上のお客様ならどなたでもご入会いただける「50+」を運営しています。2019年度末時点の会員数は約99万人、同年度の「50+」ブランド商品のご利用は延べ約14万人となっています。
会員の方には会員誌やWEBを通じて旬な観光情報をお届けするとともに、東海道新幹線を利用したお得な旅行商品を提供しています。

海外のお客様向けの取組み

「スマートEX」の訪日外国人向けサービス「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」として、英語版ウェブサイト及び専用のスマートフォンアプリでのサービスを展開しています※。これにより、世界各国・地域から、出発前に自国で予約が可能となるなど、より便利に、気軽に東海道・山陽新幹線をご利用いただけます。
旅行商品等については、沿線の自治体や他の交通事業者等と連携し、「高山・北陸」等の訪日外国人のお客様に人気のエリアを対象とした周遊きっぷを販売しています。このほか、往復の新幹線と宿泊や現地観光をセットにした「FLEX JAPAN」等、東海道新幹線を中心とした当社沿線をご旅行いただく商品を展開しています。
旅行需要の取り込みにあたっては、当社の訪日外国人のお客様向け商品を集約した「Central Japan Shinkansen/Train Portal」を運営し、日本の魅力を発信しています。また、国内・訪日外国人のお客様双方に向けて、東海道新幹線沿線の自治体や観光協会と共同で、沿線の観光の魅力を発信するキャンペーンを展開し、地元と一体となって旅行需要の喚起を図っています。
これらの取組みに加えて、案内の充実を図るため、タブレット端末等を用いた放送、運行情報を充実させた当社ホームページや駅ナンバリング等を活用した案内に取り組んでいるほか、駅や東海道新幹線、特急「ひだ」「南紀」での無料Wi-Fiサービスを提供しています。現在、新幹線全駅と訪日外国人のお客様のご利用の多い在来線27駅に加え、東海道新幹線及び特急「ひだ」「南紀」の全車両で当サービスをご利用いただけます。

  • 2020年6月末時点で8つの国と地域で展開。