設備の利便性向上
(バリアフリー化)

駅等の利便性の向上

改良後の刈谷駅イメージ

鉄道の駅は、地域社会やバス・自家用車・タクシー等の二次交通との結節点であり、人が集まる地域の拠点でもあることから、その整備は地域社会にとって重要です。当社では、地方自治体からの要請に応じて、自由通路設置及び橋上駅舎化等の駅の改良、駅前広場の整備、新駅の設置、鉄道高架化事業等を推進し、地域の発展に貢献しています。その一つとして、東海道本線の刈谷駅では、特に朝夕の通勤・通学時間帯を中心にお客様のご利用が増加していることから、今後も安全かつ快適にご利用いただくための改良に関して刈谷市と協議を行い、ホームの拡幅、可動柵の設置、コンコースの改良等を行うこととし、現在、その準備工事を進めています。刈谷市は、この駅改良に合わせて地域交流拠点・観光案内施設を設置・運営する計画です。当社は、駅周辺地域の拠点化、地域社会への貢献につなげるため、その計画に必要となる空間を新設することとしています。今後とも、地域社会に貢献し、地域とともに発展する鉄道会社として、関係自治体と協力して駅等の利便性向上に努めていきます。

バリアフリー化に向けた取組み

可動柵設置のイメージ
(写真は金山駅の試作機)

当社は、お身体の不自由な方やご高齢の方を含め、お客様に当社の鉄道を安全に、安心してご利用いただくため、いわゆるバリアフリー法をはじめ関係諸法令等に基づき、国・関係自治体と三者共同で設備の整備や改良等を行っています。駅における取組みとして、まずエレベーター等の整備による段差の解消や多機能トイレの整備については、お客様のご利用が1日3千人以上の駅を対象に順次進めており、基本的にすべての駅で整備完了または整備計画が進行中です。目の不自由な方のための誘導用ブロックやホームからの転落を防止するための点状ブロックの設置は全駅で完了しており、さらに点状ブロックについては、ホーム内側部分に線状の突起を設けてホームの内外がわかるようにした「内方線付き点状ブロック」への取替を順次進めています。加えて、ホーム上の安全性をより一層向上させるため、可動式ホーム柵の設置を進めています。東海道新幹線については、2011年度からお客様のご利用の多いのぞみ停車駅を対象に設置を進めてきました。残る新大阪駅において、25~27番線への整備は完了し、20~24番線については、2022年度までの設置を予定しており、これにより全のぞみ停車駅への設置が完了します。在来線については金山駅の東海道線の上下ホームへの設置工事を進めており、使用開始時期は2021年を予定しています。加えて、名古屋駅への設置に向けて、お客様のご利用が多い東海道本線、中央本線のホームへの設置を検討しており、準備ができたところから着手していきたいと考えています。
また、誰もが、より快適に、そして便利に鉄道をご利用いただくことを目指して、当社のほぼすべての列車において、車いすをご利用のお客様に対応した設備を取り入れるとともに、お身体の不自由なお客様に対しては、当社設備のご利用にあたり、必要に応じた駅係員によるお手伝いや誘導案内を行っています。
さらに、国交省主催の新幹線のバリアフリーに関する検討会等を通して障害者団体とも意見交換を行い、車いす用フリースペースの設置を検討するとともに、車いすをご利用のお客様に東海道新幹線の車いす対応座席をご利用いただく際の案内内容等の見直しやWEBでの申し込み受付を開始するなど、サービスの改善に取り組んでいます。