事業戦略に基づく各種取組み

大動脈輸送のさらなる発展

当社は、会社発足以来、日本の大動脈輸送の役割を担う東海道新幹線の競争力を維持・強化するため、安全かつ正確な点はもとより、高速、高頻度・大量、環境適合、快適という東海道新幹線の特性に不断に磨きをかけてきました。加えて、東海道新幹線の将来の経年劣化や大規模災害に対する抜本的な備えとして、大動脈を二重系化するための中央新幹線の建設を推進しています。

東海道新幹線

「のぞみ」を主体とした輸送改善

当社はこれまで、東海道新幹線の輸送サービスを充実させるべく、1992年に300系「のぞみ」による最高速度270km/h運転を実現し、2003年には品川駅の開業と全列車の最高速度270km/h化により、「のぞみ」中心のダイヤにシフトしました。その後もダイヤのブラッシュアップに継続的に取り組み、お客様のニーズにお応えしてきました。また、2015年には、23年ぶりに東海道新幹線の速度向上を実現し、最高速度を285km/hとしています。
さらに、これまで進めてきたN700Aタイプへの車種統一に伴う全列車の最高速度285km/h化と設備の改良等により、2020年3月のダイヤ改正では「のぞみ12本ダイヤ」を実現しました。「のぞみ12本ダイヤ」により、「のぞみ」の1時間あたりの片道最大運転本数をこれまでの10本から2本増加し、12本とすることで、お客様のご利用が多い時間帯に「のぞみ」を平均で5分に1本間隔で運転できるようになりました。また、「のぞみ12本ダイヤ」では、全ての「のぞみ」が東京、新大阪間を2時間30分以内で結びます。この「のぞみ12本ダイヤ」により、ご利用の多い時間帯に「のぞみ」を増発し、東海道新幹線をより一層便利にご利用いただけるように努めていきます。

ネット予約の拡大

東海道新幹線のフリークエンシーの向上に加えて、ネット予約及びチケットレス乗車を拡大させる取組みによって、より良いサービスの提供に努めています。
ネット予約及びチケットレス乗車を拡大させることで、お客様が駅のきっぷうりばに立ち寄らずに都合の良いタイミングでネットから事前に予約・決済できるほか、ご自身の都合に合わせて発車4分前まで何度でも無料で予約内容を変更することが可能となります。また、交通系ICカードを用いて、在来線からシームレスに乗車することもできます。これらにより、駅での待ち時間は限りなくゼロに近づき、実質的に目的地までの移動時間を短縮することにつながります。こうしたネット予約の拡大及びフリークエンシーの向上によるトータルでの移動時間短縮は、ライバルとなる他輸送機関にはない、東海道新幹線の大きな強みとなっています。

新型新幹線車両N700Sの投入

N700S

東海道新幹線の車両は、高速鉄道のフロントランナーとして、安全・安定輸送とともに、高速・快適・省エネルギー性を追求し、最先端の技術を取り入れることで絶えず磨きをかけています。
会社発足以降、300系、700系、N700系、そして現在の主力であるN700Aと、継続して開発を進めてきました。そして、これまで積み上げてきた技術開発の成果を取り入れ、N700Aタイプの置き換え車両となる新型新幹線車両N700Sの営業運転を本年7月から開始しました。この車両では、地震時のブレーキ距離の短縮等による安全性・安定性の向上、バッテリ自走システムの搭載等による異常時対応力の強化、フルアクティブ制振制御装置の搭載等による快適性・利便性の向上、消費電力量の削減等によるランニングコストの低減等を実現しました。
今後とも、新しい技術開発に取り組むことにより、安全・安定輸送の確保を最優先に、東海道新幹線の輸送サービスの向上に努めていきます。

中央新幹線

大動脈輸送の抜本的強化策としての中央新幹線計画

当社は、自らの使命であり経営の生命線である首都圏~中京圏~近畿圏を結ぶ高速鉄道の運営を持続するとともに、企業としての存立基盤を将来にわたり確保し経営の安定化を図るため、超電導リニアによる中央新幹線計画を進めています。

地域の社会基盤の維持・発展

当社は、東海道新幹線とネットワークをなす東海地域の在来線、さらには名古屋駅におけるJRセントラルタワーズとJRゲートタワーに代表される、鉄道事業と相乗効果が期待できる関連事業の強化に継続して取り組むことで、事業収益の拡大を図るとともに、社会基盤の維持・発展に貢献しています。

在来線

在来線におけるサービス向上

次期特急車両 HC85系
(試験走行車)

在来線では、新型車両の投入やそれに伴う速達化、フリークエンシーの向上等、サービス向上の取組みを着実に進めてきました。特急列車については、新幹線との接続の充実により、新幹線・在来線一体となったネットワークを整備し、主要な特急列車に対して季節やイベントによる需要の変動に合わせた増発・増結により弾力的な輸送力設定を行うことで利便性を高めています。さらに、ハイブリッド方式を採用した次期特急車両の開発等、不断に安全性、快適性の向上にも取り組んでいきます。また、普通列車についても、快速列車体系の整備、発車時刻の等間隔化、朝夕の通勤時間帯を中心とした列車の増発・増結等、ご利用いただきやすいダイヤの設定に努めています。

地域と連携した営業施策の展開

当社は、沿線観光地の地元の方々や旅行会社との連携を深めつつ、各種観光キャンペーンによる需要喚起策を展開しています。これにより、地域の活性化に寄与するとともに、新幹線・在来線の一層の利用拡大により当社の収益拡大にもつながっています。
例えば、在来線特急列車のご利用促進を目的に、当社沿線の数ある観光資源を紹介する「Shupo(シュポ)」キャンペーンや、当社の駅を起点に沿線の観光スポットを歩いて巡る参加費無料の「さわやかウォーキング」を展開しています。また、JR6社で行うデスティネーションキャンペーンを通じて、自治体や旅行会社等と連携し、魅力ある観光素材・商品の開発や観光列車の運行等を行い、新幹線も含めたご利用拡大に取り組んでいます。

関連事業

関連事業による地域活性化

名古屋駅の様子

当社最大の駅である名古屋駅の開発は関連事業の柱であり、 2000年に開業したJRセントラルタワーズと2017年に開業したJRゲートタワーは、大変多くのお客様にご利用いただいています。両ビルは既に名古屋のランドマークとして定着しており、中部圏の経済発展に大きく貢献しました。今後もタワーズとゲートタワーを一体的に運営し、相乗効果を最大限に発揮することにより、様々なニーズにお応えし、事業収益の拡大を図ります。
また、流通事業における駅構内の店舗開発や駅ビル事業における駅構内の店舗開発や駅ビル事業における駅商業施設のリニューアル等により事業を活性化するとともに、当社所有地の有効活用に取り組み、さらなる収益拡大を図ります。

全ての人が利用しやすい交通インフラの提供

鉄道共通

バリアフリー化、インバウンド対応

携帯通訳機を活用したご案内

当社は、全てのお客様に当社の鉄道を安全に、安心してご利用いただくため、いわゆるバリアフリー法をはじめ関係諸法令等に基づき、国・関係自治体と三者共同で車両・設備の整備や改良を行ってきています。駅におけるエレベーター等の整備による段差の解消や多機能トイレの整備、目の不自由な方のための誘導用ブロックやホームからの転落を防止するための点状ブロックの設置、ホーム上の安全をより一層向上させるための可動式ホーム柵の設置、車両における車いすスペース等の確保等、変わりゆく社会の様々な要請について適切に対応していけるよう取り組んでいます。今後とも、当社の駅、車両がご利用される全てのお客様にとって安全で使い易いものとなるよう努めていきます。また、海外からのお客様に当社沿線の豊かな観光資源を訪れていただくことは、鉄道の増収や沿線各地の地域活性化という観点からも重要な課題であると考えています。当社は、訪日観光でも「気軽に」「便利に」当社沿線を楽しんでいただきたいと考え、各種営業施策を展開しています。加えて、駅等における案内の強化や無料Wi-Fi環境の整備、外国語版の観光案内サイトの拡充等にも努め、今後とも沿線地元の皆様や旅行会社の皆様とも協力し合いながら、訪日観光需要の拡大に取り組んでいきます。

駅、車内の安全・安心

当社では駅、車内、重要施設等におけるセキュリティ確保のため、防犯カメラ等のセキュリティシステムの設置、新幹線線路等への防護柵の設置、警備員等による巡回警備等に加え、警察にも警備にご協力いただいています。さらに、警察、消防等の関係機関と連携して実践的な合同訓練を実施して対応力の向上に努めています。こうした取組みにより、お客様により一層安心して列車をご利用いただけるよう、今後も不断に取り組んでいきます。
また、現在、新型コロナウイルス感染症の発生を受けた外出自粛等の影響により鉄道等のご利用が大幅に減少しており、事態収束後も感染症への意識が社会的に高まることが考えられますが、当社としては、引き続き安心して鉄道をご利用いただけるよう、様々な感染防止策を講じながら輸送機関としての役割を果たしていく考えです。

地球環境への貢献

鉄道には他の輸送機関に比べてエネルギー効率が高く、地球環境への負荷が少ないという優位性があります。当社は、車両の省エネルギー化等、鉄道運行に係るエネルギー効率を一層高めることで、直接的な環境負荷を低減することに加え、地球環境への負荷が少ない鉄道を一人でも多くのお客様に選択・利用していただくことで、運輸部門全体としての環境負荷が抑制され、地球環境保全につながると考えています。

激甚化する自然災害への対応

当社は、激甚化する自然災害等により生じる諸状況に対しても、適時適切な対応を行うことで、安全の確保に努めています。台風や豪雨等により列車運行に大きな影響が予想される場合に、安全を最優先に、駅で多くのお客様が滞留されるリスクや駅間に列車が長時間停車するリスク等を回避するため、早期に抑止することを含めて適切な運行計画を決定します。また、抑止後には速やかに安全を確認したうえで運転再開を行うとともに、駅設備、当社ホームページ、ツイッター等も活用して、より迅速かつ的確な案内情報の提供に取り組んでいます。
加えて、設備の強化と保守については、技術開発も含めて、災害発生時に被害の拡大を抑えるだけでなく、災害が起きることを予見して対応するという両面からの取組みを進めています。例えば、新幹線における地震検知の早期化や、レーダ雨量を活用した、より細やかな運転規制等です。ソフト面でも、自然災害や不測の事態等の異常時に想定される様々な状況に適切に対応するため、実践的な訓練を繰り返し実施しています。
今後も引き続き各種取組みを推進し、不測の事態が生じた場合でも安全・安定輸送を確保するという鉄道会社としての責務を果たし、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

駅改札口の電光掲示板(新幹線)